読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートパソコンのOSをWindows10にしました

7/29にWindows10がリリースされました。Windowsは、業務用には最初のサービスパックが出るまでは使わないことが多いですが、個人的には新しいOSを使ってみるのは大好きです。Windows Insider Programに参加しているので、別のPCでInsider Preview版を使っていましたが、大きなトラブルもなかったので、正式版がリリースされたらすぐにノートパソコンのOSをバージョンアップしようと考えていました。

 

 

そのためノートパソコンのOSバージョンアップ予約をしてありましたが、なかなか準備ができたという通知が出ないので、今すぐ無料でWindows7や8.1からWindows10にアップグレードできるMicrosoft公式「メディア作成ツール」の使い方まとめ - GIGAZINEを参考にしてインストール用USBメモリを作成し、OSのバージョンアップを行いました。

 

Windows7動作中にUSBメモリ内のsetup.exeを実行すると、あとはインストールが終わるまで特にすることはありませんでした。

 

Windows10にバージョンアップしてから、最初に行ったことは、EdgeでInternet Explorerのお気に入りをインポートすることでした。データが残っているのは当然ですが、Windows7の時にインストールしたアプリケーションがそのまま引き継がれているのは驚きました。USBの無線LANアダプタの設定ツールもそのまま動いていました。

 

でも、今のところ3件の問題が見つかっています。

  1. Edgeのお気に入りに削除できないゴミが残ることがある
  2. キーボードレイアウトが英語になっている
  3. 引き継いだユーザにファミリーセーフティの制限を掛けられなくなった

1.は子供用のアカウントで発生しています。Edgeでお気に入りを表示すると、通常のお気に入り項目は左にFavionが表示されますが、削除できない項目はフォルダとして表示されています。削除はできませんがリネームはできるので、目立たないような名前に変えて避けてあります。

 

2.はさっき気づきました。設定→時刻と言語→地域と言語で言語の日本語をクリックしオプションを選択→ハードウェアキーボードレイアウトでは「日本語キーボード(106/109キー)」が選択されていますし、コンピューターに USB キーボードを接続したときに Windows で正しいキーボード レイアウトが使用されないことがある のレジストリを確認してみても書かれている日本語用設定通りでした。ノートパソコンなので、キーボードレイアウトが特殊だけに厄介な問題になりそうです。

 

3.は仕様が変わったことが原因らしいのですが、Windows7の時はローカルユーザに対してファミリーセーフティを用いて制限をかけることができました。これがWindows10でファミリーセーフティを用いて制限を掛けるには、対象ユーザがMicrosoftアカウントでログオンするよう設定されていなければならないそうです。

Windows 10 でファミリー セーフティをセットアップする - Windows ヘルプ